読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヌースのススメ

諸兄はスヌース(SNUS)をご存知だろうか。

近頃タバコの代替としてヴェイプ(VAPE)こと電子タバコの名を耳にすることは増えたが、スヌースに至ってはまだまだ知名度は低いと思われる。実際Google検索しても情報が乏しい。

てなわけで本記事ではスヌースについて諸々書き殴る。

 

:私はADHD改善目的でニコチンを摂取していて非喫煙者であるので、そういった目線からの記事であることに注意されたし。

 

スヌースとは

口腔粘膜からニコチンを摂取できる代物である。嗅ぎたばこや無煙たばことも呼ばれる。

小指の第一関節以端程度の大きさで、ティーパック的な袋にタバコの葉やニコチンを添加した繊維質等が入っている。

 

使い方

上唇と歯茎の間に挟む。それだけ。そのうち唾液と混ざってニコチンが放出されジワジワ効いてくる。

 

……が正しい使い方であるが、当方、歯ブラシは超やわらかめしか受け付けないほど歯茎の刺激に敏感なため、奥歯で軽く噛んで位置を固定して頬に当てて使っている。

 唾液と混ざるのが早くドバッとニコチンが放出されるのでわりとからい。よい方法はないものか。

 

ニコチンガムとの比較

私が現在ADHD対策として使用しているニコチンガムと比較すると、ニコチンガムよりも

  • 覚醒感が強い
  • 効能を感じ始めるまでが早い
  • 効能が切れるのも早い

の三点が挙げられる。

前項でも述べたが注意点として、ニコチン放出量の調整ができないので最初からみを感じやすく、特に舌に当たると唾液が出まくる。

したがって唾液を容易に捨てられない環境下での使用は控えるべきである(正規の、上唇と歯茎の間に挟むという使用法なら問題ないかもしれない)。

 

健康面

含有有害物質がニコチンのみであるため喫煙よりはるかに健康的であると考えられる。

口腔がんの発祥リスク向上については目を瞑る。

歯茎へのダメージも気になるところだが、スヌース発祥国であるスウェーデンでは虫歯や歯周病の患者が日本よりもずっと少ないそうだ。よって本人の心がけ次第でなんとかなるものだと結論付けたい。

スヌースの使用によって歯茎がやたらジンジンするという方は歯肉炎の可能性があるので、これを機にオーラルケアにも目覚めてみるべきであるだろう。

 

おわりに

スヌースデビューとして私は「ON!BERRY3mg」を選んだ。

ベリー風味が好きなのでこれを最初に手に取ったが、眠気対策ならミント味も良いかもしれない。ともかく他にも色々フレーバーがあるので今後、色々試してみたいと思う。

では、読了お粗末さまでした。m(_ _)m

ADHDとニコチン

『タバコは百害あって一利なし』

誰もが聞いたことがあるであろう定説的な何かである。

 

はたしてそうだろうか?

 

私なりの結論から申し上げると、タバコから利を得られる人間も存在する。

それはADD(ADHD)患者である。

 

ADDとドーパミン

ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質がある。ザックリ説明すると「行動しようと思うためのエネルギー」的なものである。「やる気の素」とも言える。コイツが放出されるから人間は行動することができるのである。放出が皆無だと動き出すことも出来ない。

ADD患者はこのドーパミンの放出が少ないらしい。なので患者には治療薬として簡単に言えばドーパミンを増やす薬が投与される(少し正しくないので「簡単に言えば」とした)。

 

ADD治療薬と薬物

ドーパミンを増やす薬ってなんぞや。

覚せい剤である。

ADD治療薬は弱めの覚せい剤といえる。脳の覚醒が不十分なADD患者は覚せい剤を摂取することで健常者と同様に活動できるようになる。

 

そして本題である。

ドーパミンを増やせる薬は他にないのか?

ある。

タバコに含まれるニコチンにもドーパミンを増やす働きがある。

よって喫煙でADDの症状を改善・緩和されることが期待できる。

 

タバコと健康

ADD患者にとってタバコは少なくとも一利は存在する代物という説を立てた。

しかし残りの百害をどうすべきか。

ニコチンは猛毒であるが、タバコの煙にはニコチン以外にもタール、一酸化炭素など多くの有害物質が含まれる。

 タバコと健康問題の話のとき必ずと言っていいほど目にする喫煙者の真っ黒の肺はタールの影響によるものだし、一酸化炭素はヘモグロビンと結び付き体内を酸欠状態にする……

 

タバコの害を最小限にしてタバコの利を得るには。

そう、喫煙しなければよい。ニコチンだけ摂取する方法を選べばよいのだ。

如何にしてニコチンだけを摂取するか?

禁煙補助薬を用いればよいのである。ニコチンガムにニコチンパッチ、ニコチン点鼻薬なんてものもある。

ニコチン吸収までの時間と手軽さ的に私がオススメしたいのはニコチンガムである。

 

おわりに

本記事では一切触れなかったがカフェイン摂取でもADDの症状の緩和がみられる。触れなかった理由として、ADD患者はチック症を併発している方が多いが、カフェインはチック症の症状を悪化させる恐れがあるからである。理屈は解らないが、なぜかニコチンはチック症を治めてくれることを体感しているので、ニコチンの方を薦めるに至った。

私がカフェインを摂ると必ず腹を下す体質ということも原因しているが。

 

では、読了お粗末さまでした。m(_ _)m

ADHDとADD

ADHD(注意欠陥・多動性障害)をご存知だろうか。

詳しいことはググればゴマンと出てくるので諸兄自身で調べてほしい。ザックリ言うと、不注意や多動、衝動的な行動が顕著に現れるというアレだ。

 似たようなものにADDがある。これはADHDの多動性と衝動性が現れず不注意性だけが目立つものである。

そして私は自称ADDである。"自称"というのは、しかるべき医療機関で診断を受けたわけでなく、あくまでADD患者の特徴について調べた上での自己判断だからである。

本記事では私とADDについて適当に垂れ流す。自分語り以外の何者でもないので察した方はブラウザバックすべきである。

 

ADD(ADHD)と気付き

 私がADD(ADHD)を知ったのはたしか高校生のころ、今から4~5年前である。元々私は別の病気について調べていた(後述)のだが、それと関連が深い障害としてADHDの存在を知った。

ADHDの症状について読み進めていくうちに私は深い感銘を覚えた。その症状の数々、とりわけ不注意に関する欄は私の性質を見事に言い表していたのだ。時間感覚の無さや整理整頓の出来なさ、人の話の聞けなさなど…

例えばここ(http://xn--adhd-3q3h347g.top/2016083039/)のページの3.1~3.3は私の性質をそのまま書き出したような内容だ。「あなたはどんな人間ですか」と尋ねられて「ADDについて調べてください」と返せるほど合致している。

 

 ADD(ADD)とチック症

前項でその時私が調べていたというのがチック症という病気だ。チック症もググってもらえるとよいのだが、簡単に説明すると、短い動きや音声に関する癖がたびたび表れるという病気である。やたらと顔をクシャッとさせてまばたきをする人や、やたらと咳払いを繰り返したりする人が周りに一人はいないだろうか。彼らはおそらくチック症を持っている。当時私は、やたら鼻をクンクン鳴らすという癖が出ていて、親に止めろと注意されていた。思い返すと私は幼少の頃から様々な癖が発生しては治ってを繰り返していたので、「これはいったいなんやろな」と思い立ち「癖 多い 病気」的なワードで検索したことによりチック症が判明した。

幼少期に発症しがちで成長とともに寛解していくものらしいが、大人になるまで残ると完治は困難らしい。

 

ADD(ADHD)とカクテルパーティー効果

ADD(ADHD)について語る上で、あまり話題に挙がらない、診断基準には載っていない話をする。

人間には本来カクテルパーティー効果というものが備わっているらしい。カクテルパーティー効果についてもやはりググってもらった方が良いのだが、軽い説明として、周囲が騒がしい中でも聞き取りたい音は選んで聞き取れる、といったものである。私がカクテルパーティー効果を知ったのは大学で心理学を受講していた時である。選択的注意の一例として、できて当たり前のように教授が解説しているなか、私は「いやいやそんなん嘘やろ」と思いながら授業を聞いていた。家に帰ってやカクテルパーティー効果が働かない場合について調べていると、案の定ADHDとの関係についての記述を発見した。

騒がしい店内で私のか細い声の注文を聞き取る店員には素直に尊敬する。騒がしい環境での聞き取れなさは私の労働に対する不安を増長させている。

ちなみにこのおかげか、私は聞き返しても聞き取れなかったときの愛想笑いと曖昧な相づちには自信がある。

 

おわりに

つい先日、「ADHDの人間は健常者より脳が小さい」なる論文が発表された。元々「ADHDと甘え」というタイトルで「甘えかどうかはわからんけど解決策を見つけていくしかない」的な結論の記事を書こうとしていたが、脳に有意な差があるならばADHDは甘えではないのかもしれない。

アトピー性皮膚炎と性

内容が内容なので、一応空白を置いておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

生物の本懐は子孫を作る、命を繋ぐこととされる。

少なくとも私の両親の代までそれを続けてきた。だが私はそれを断ち切りたい。理由は他にもあるが、本記事ではアトピーの観点から記述する。

 

遺伝

アトピーは遺伝すると思われる。私は姉二人の三兄弟の末っ子であるが、三人が三人ともアトピーを患っている(いた。上の姉は見た目でわからないほど良くなっているが、油断すると肌が荒れるようなので体質自体は完治していない)。母もヒノキ木材などに近づくだけで花粉関係なしにアレルギー反応を起こしたり、叔母もそばアレルギーを持っている。これらから私たち兄弟は親からそういった体質の遺伝子を受け継いでこの疾病を患っていると考えられる。

何が言いたいかというと。

私が仮に結婚して性交して出産してもらったとすると、その子に私の忌々しい体質が引き継がれる可能性があるのである。

絶対嫌だ。

私の両親は産んだ子全てがこの体質で、相当な精神的苦痛を味わっているはずである。私たちが発症した頃から、食事面、住環境面、様々な方面で気を使い、数多の病院を駆け回り治療法を探し、ダニカビホコリがダメやら逆に清潔にしているのがダメやらどの薬草が、どの漢方薬が効くやらステロイド外用薬は必要だの諸悪の根元だの、この健康食品があの治療法が水素水がetc…(余談だが水素風呂は一定の効果があるかもしれない)

この体に産んだことを恨むこともできるが、親も望んで子供をこんな目に遇わせたわけではないしので考えないようにしている。正直子の立場ながら、また当事者であるにも関わらず親に同情すら感じる。

二人目までで察して、せがれは挑まないで欲しかったという本音もあるが。

ともかく、私には両親を見ていて親になりたいとは到底思えない。

 

 

余談・アトピー性風俗

余談とあるが元々こっちについて書きたかった節がある。

私は現在21歳大学生である。青春真っ盛り、いや青春の最後の灯火と言えようか?とにかく、いわゆる青春時代のうえ成人となったこの年頃ともなると、男なら仲間内で風俗店に興味を持ち始める奴がちらほらいるのが常である。

一方私は一切行く気が湧かない。

アトピー的な理由として大きいのは、まず向こうに歓迎されない。血液についてかなり神経質にならざるをえない業界である。高確率で体のどこかしらから出血している奴が歓迎されるわけがない。それはこちらとて一緒で、健常者よりも変な病気を貰ってくるリスクは高いはずなので、行こうと思わない。

 

余談の余談だが、友人からローションプレイがうんぬん等の話を聞いて、「変な成分入ってないかな、肌につけてかぶれないかな」とかしか考えられないのは、アトピー患者の悲しい"性"だなといった感じである。

 

終わりに

 触れがたい話題であるが、言いにくいことを吐き出すのはスッキリすることである。

性に関してはアトピー関係なしに思うことがあって嫌悪している面もあるのだが、それはまた別の機会に垂れ流すかもしれない。

では、読了お粗末さまでした。m(_ _)m

アトピー性皮膚炎とQOL

アトピー患ってて良かった!」と思ったことは唯の一度も無い。

アトピーは日常生活のいかなる場面においても足枷となる。

本記事では、アトピーがいかに私の生活の質の低下に貢献しているかを殴り書く。

例によって自分語り要素を多分に含むので、共感できる方は共感していただいて、アトピーに疎い方は理解を深めてほしい。

 

人生においてアトピーが如何に邪魔な存在か

常に痒い・痛い

私がアトピーに対して最も憎悪している事柄である。

アトピー患者は常に痒み・痛みと闘っている。症状の重さによるが、起きてから寝るまで意識のあるうちは、飯を食べていようが仕事・勉学に励もうが趣味に興じていようが関係なしに痒み痛みに襲われる。酷いときは痒みで目が覚めたり睡眠中無意識に掻いていて朝方血が出ていたりするので24時間休む間なく苦しめられる時もある。

"アトピー性皮膚炎とひきこもり"にて「動くのがつらい」と述べたが、じっとしているときは楽ということでもないのである。

 

水が怖い

これは私だけかもしれない。

私は風呂が嫌いである。湯(水)が患部にしみて痛いからだ。幼少の頃から患っていたので、その頃からの「水に触れる→痛い!」というロジックの積み重ねが水に対する恐怖を育んだのだろう。

カナヅチではないが学校のプールの授業も嫌いだったし、もし友人からプールや温泉に誘われても「私はいわじめんタイプだから水に弱い」という言い訳で断ることにしている。

 

薬を塗り続けないとグロ画像と化す

前項で風呂が嫌いだと述べたが、私には風呂に入らざるを得ない理由がある。肌を清潔にした状態で毎日ステロイド外用薬という薬を患部に塗布せねばならないのである。この薬は幹部の炎症を鎮めることで痒みを押さえてくれるものなのだが、一日二日塗らない日が続くと薬で押さえつけていた炎症が表面化し、痒いわ浸出液と呼ばれる体液が吹き出しまくるわで日常生活がままならなくなる。過去にこの薬を絶った状態を一月ほど継続したことがあるのだがその時の有様はいずれ記事にしたいと思う。

ともかく、薬を絶てないということは災害時等供給が強制的に断たれるかもしれないときへの不安が常に頭によぎる。

また、薬を止めれないというのは次項の問題に深く絡む。

 

通院時間と医療費

アトピー患者はまともな日常生活を営むために病院に薬を処方されに行く必要がある。利用するのは主にに皮膚科だが、通い続けなければならないため、通院時間と医療費がどんどんかさむ。我が家は私と姉二人の計三人がそういう体質である(だった)ため、今までアトピー治療に費やした時間と医療費は相当なものだろう。

また、治療といってもあくまで対症療法で押さえつけているだけなので、症状は一進一退である。なんとか活路を見出だそうと他の治療法に手を出すのだが、ガセ情報(合う合わないがあるので一概に言い切れないが)を掴まされて無駄な出費をすることもアトピー家庭に有りがちなのは別のお話か。

 

粉吹き

アトピー患者の肌からは、剥がれた細かい皮膚がポロポロと落ちることがある。正式には落屑、俗に粉と呼んだりする。これの何が問題かというと、まず見た目が汚い。簡単に言えば全身から出るフケである。見ていて良い気分はしないだろう。

他人が食べる食べ物の周りでも粉が落ちないように注意を払うし、友人の家に上がるのもかなり心苦しいものがある。掻かなければ最小限の量で済むのだが、それでも少しは産出してしまうのでとにかく気を使う。

服装にも気を付けている。私は基本粉が目立たない薄い色、また手ですぐ粉を払い落とせるツルッとした生地の上着を着るようにしている。中学高校と制服が学ランで黒かったので、その時もかなり気を使ったしつらかった。また私は現在大学三回生で、今後黒いスーツを切る機会が増えていくのだろうなと考えると憂鬱である。

 

終わりに

いくらでも思い付くが、それらはまた後日追記するか続編記事を執筆するかにさせていただく。

殴り書きもとい単なる愚痴かもしれない点には目をお瞑りいただきたい。

それでは読了お粗末さまでした。m(_ _)m

アトピー性皮膚炎とひきこもり

私はアトピー患者である。

私は外出が嫌いだ。

元来出不精な節はあるが、アトピーが私の外出嫌いに拍車をかけている。

本記事ではアトピー患者が外出をためらう理由について独断的に記述する。

同疾患持ちで共感できる諸兄は私と傷を舐めあってほしい。

「僕私は外出好きだよ」というアトピー患者の方は、外出に伴う辛さの軽減策を私に教えてほしい。

アトピーをよく知らない諸兄はぜひ理解を深めて、なにかしら感想質問等いただきたい。

早い話がコメントが欲しいというやつだ。

アトピー患者が外出を嫌う理由

着替えることが辛い

服を脱ぎ着すると患部に擦れて痛い。前開きノースリーブでも無い限り必ず発生する過程である。ちなみに私はなるべく肌を露出したくないので年中長袖長ズボンである。

また、アトピー患者は落屑、単純に粉とも呼ぶ、細かく剥がれ落ちた皮膚が服の中に溜まっていたりする。服を脱ぐとこれらが周囲に舞い散る。落屑の量を確認して、己の疾患を否が応でも思い出せられるし、私にとってなかなか精神的にくる案件なのである。

なるべく着替えたくない。だから家にいたい。

 

外出先だと思うように掻けない

アトピーをよく知らない人でも、「体が痒くなる病気」くらいの認識はあると思う。そう、かゆい。この衝動は場所を選ばない。ある程度の我慢は利くのでなるべく我慢する。

しかし我慢には限界がある。だからそのうち掻いてしまう。掻けば少しスッキリして落ち着く。。。

これは掻ける場所ならばの話である。在宅時と違い外出先では人目がある。おいそれと人前で触れられない場所が人体には存在する。

汚いとか思わないで欲しい。股間周辺である。

私はあまり人目を気にしない性質であるのだがそれでも公衆の面前でズボンに手を突っ込むような真似はできない。ふとももや尻などが痒いときも同様である。特に冬場等の厚いズボン生地では服の上からうまく掻いてごまかすこともしづらい。

掻けないとなると我慢せざるを得ない。健常者の方が痒みを我慢する辛さについてどの程度理解があるかは知らないが、掻かずにじっと我慢というのはかなり精神的に疲弊する行為なのだ。

我慢は辛い。だから家にいたい。

 

肌への刺激物

例えば、アトピー患者が暑い場所に行くとどうなるか。体がほてる。ほてると痒みが増大する。汗もかく。汗をそのままにしておくのも大敵である。

寒い場所なら?寒いと傷口に冷気が突き刺さって痛い。そして冬場なら空気が乾燥している。乾燥もアトピーの大敵である。

これらは外出先で施設内に入ったときにも適応される。屋内では季節によって暖房なり冷房なりが効いているわけである。ちょうどよければ良いのだが、効きすぎている場合、自分の体の許容値を超えている場合はやはり辛い思いをすることになる。

他にも、晴れた日に外に出ると日光を浴びることになる。無論多少なら問題はないが、長時間浴びるのは非常にマズい。アトピー患者が日焼けすると健常者以上にエラいことになる。

つまるところ、アトピー患者は健常者以上に環境の影響を受けてしまう。自宅ならある程度自分の思うように環境をコントロールできるが外出先だとそうはいかない。

だから家にいたい。

 

そもそも動くのが痛い

私は症状が全身に出現している。各関節部にもアトピーの症状が現れている。冬場、水仕事で手が荒れて割れまくっているという人は多いだろう。指が割れていると曲げるのが痛い。。。動かすのが痛い。。。

私の体は全身そんな感じである。パックリ割れてこそいなくても、傷があったり炎症を起こしていたりと、とにかく動かすのがつらい。関節部でなくとも動くと傷口が服と擦れて痛かったり痒みのもとになったりする。

わざわざ外出して体を動かそうとは思わない。だから家にいたい。

 

おわりに

いかがだっただろうか?私がアトピーが原因で外出を嫌がる理由として大きく思うことはこんなところである。

他にもあるので気が向いたら追記するかもしれない。

事前にことわっておいたがかなり独断的というか自分語り的になってしまった感はある。アトピーは十人十色、多種多様。

ではでは、読了お粗末さまでした。m(_ _)m